TOPICS

2018年01月25日(木)MTI特許事務所

新年おめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

このたび、東京しらかば国際特許事務所は、下記のとおり名称変更と移転をいたしますので、ご案内申し上げます。なお、移転先での平常業務の開始日は、2月1日(木)です。

<名称変更>  2002年の事務所設立以来、16年間にわたってご愛顧いただきました「東京しらかば国際特許事務所」は 、所長吉村俊一の故郷の長野県白樺高原に由来した名称として多くの皆様に親しまれて参りましたが、こ のたび更なる発展を願って「MTI特許事務所(MTI PATENT FIRM)」に名称変更いたします。 MTI特許事務所は、MANAGEMENT FOR TECHNOLOGY AND INNOVATIONSの頭文字を由 来とし、第4次産業革命と呼ばれる技術革新があらゆる産業や社会生活に取り込まれる新時代に向けた GLOBAL総合知財サービスを提供いたします。 今後ともご厚情賜りますようよろしくお願い申し上げます。

<住所変更> 2002~2005年まで護国寺(文京区)、2005~2017年まで市ヶ谷(千代田区)にて業務を行って参りま したが、このたび、日本橋(中央区)に移転いたします。JR東京駅と地下鉄4線(銀座線、東西線、日 比谷線、浅草線)から数分の利便性のよい地です。

案内URL:http://www.shirakaba-pat.net/folder21/MTIPatentFirm0124.pdf

日本橋オフィス(本部)

  (新住所) 〒103-0027 東京都中央区日本橋 2-1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル 10 階  TEL 03-6264-9339(新電話番号) FAX 050-3153-7587(新 FAX 番号)

 兜町オフィス

 (新住所) 〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町 17-2 兜町第 6 葉山ビル 4 階 TEL 03-6264-9339(新電話番号) FAX 050-3153-7587(新 FAX 番号)

信州オフィス

  (変更なし) 〒386-8567 長野県上田市常田 3-15-1 信州大学繊維学部 AREC16,17 号 TEL 0268-75-7720(変更なし) FAX 050-3153-7587(新 FAX 番号)ない 

2017年02月10日(金)<台湾>「新規性又は進歩性喪失例外の猶予期間」を12ヶ月に延長

  2016年12月30日に「専利法」の一部改正案が立法院で可決され、新規性又は進歩性喪失例外の猶予期間に関する要件と規定が緩和されることになります。特許と実用新案では猶予期間が現行の6ヵ月から12ヵ月に延長されます。また、特許、実用新案及び意匠に適用できる公開の態様は、出願人が自らの意思で行った公開と、自らの意思に反した公開のいずれも適用できるようになります。出願時の猶予期間の主張手続き要件は削除されています。

MTI総合研究所 吉村俊一

2017年02月10日(金)カンボジア王国(KH)がPCTの151番目の加盟国となりました

 カンボジア王国(KH)がPCTの151番目の加盟国となりました。2016年12月8日に発効しました。

http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_tokkyo/kokusai/kokusai2.htm

 よって、2016年12月8日以降の国際出願はカンボジアに国内移行ができることになりました。カンボジアは日本とシンガポール特許庁との間で特許の付与円滑化に関する協力(CPG)プログラムを行っています。これは、特許庁で審査を経て特許となった出願に対応する出願について、出願人からの申請により実質的に無審査で当該所定知財庁でも特許が付与されるというものです。

https://www.jpo.go.jp/torikumi/kokusai/kokusai2/cpg.htm

http://www.spruson.com/jp-ip-cooperation-singapore-cambodia/

                      MTI総合研究所

吉村俊一
 

 

 

2016年01月01日(金)新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

皆さまにとって良い一年でありますことをご祈念申し上げます。

 

所長 弁理士吉村俊一

2013年09月03日(火)セミナー

吉村俊一弁理士が、、弁理士同友会 第5回研修会(8月29日、弁理士会館)の講師を担当させて頂きました。研修内容は、「ヒアリングと明細書作成」(~素材系発明や大学発明を対象として~)です。多数ご参加頂きましてありがとうございました。